貯金箱

アパートなどの投資物件は立地のよさで決める|駐車場工事で土地活用

初期費用が安く済む

作業員

不動産投資を行なう上で、多くの人が懸念することといえば、投資における初期費用でしょう。中古のアパートやマンションは新築に比べて安い投資物件ですが、それでも大型の建物を購入することとなるわけですから、費用負担は非常に大きなものとなります。マンションやアパートを販売する不動産会社などは、ローンは毎月の家賃によるお金で賄えるので不動産オーナーに掛かる負担はゼロだとよく宣伝します。しかし、不動産投資による収入は決して安定したものとはいえません。空室が全て埋められるとは限らず、さらに家賃を滞納する人も現れるため、高額なローンの費用を家賃収入のみで確実に賄えるわけではないのです。ローンの支払いができなければ、最悪購入した物件を手放すこととなるため、リスク回避のためにも初期費用はできるだけ抑える必要があるのです。初期費用の安い投資物件といえば、駐車場の運営が挙げられます。土地さえ購入すれば、駐車場の舗装工事と設備の設置費用のみで済ませられるので、マンションやアパートに比べ初期費用は非常に安いのです。

駐車場の工事を行ない、レンタル駐車場を運営することで、安い投資費用で利益を獲得することができます。所有する土地を工事し、コインパーキングとして運営することは、不動産投資を行なう多くの人から関心が寄せられています。毎月得られる家賃収入に比べて利益が低いので、駐車場の工事を行なったとしても儲からないのでは、と考える人もいるでしょう。しかし、所有する土地の周囲にビル街や大型ショッピングモールなどがあれば、駐車場を使いたいとする多くの人が利用してくれるので、毎月十分な利益を獲得することができるのです。立地から有利な土地かどうかを判断し、駐車場の経営を行ないましょう。