木のブロック

アパートなどの投資物件は立地のよさで決める|駐車場工事で土地活用

初期費用が安く済む

作業員

不動産投資は毎月高額な利益が得られますが、購入する上での初期費用が大きな負担となるため問題となります。安い初期費用でできる投資方法として、駐車場経営が挙げられます。所有する土地を安い価格で工事することで、高額なローンを組むことのリスクを回避できます。

View Detail

立地条件で選ぶ

アパート

アパートなどの投資物件を購入する場合、より多くの借り手が得られやすい物件を選ぶとよいでしょう。投資物件を選ぶ場合、多くの人は状態が綺麗な中古物件を選択するものです。見た目が古く設備にも劣化が見られる物件は、借り手となる人からの印象も悪くなるので、空き室が多く現れることが懸念されます。投資物件における収入は、部屋を借りてくれる人の人数に比例します。空き室が多い物件となれば、空き室の数だけ収入が減ってしまうことを意味するので、物件の状態は多くの人がチェックするものです。しかし、賃貸物件を借りる多くの人は、アパートの状態だけでなく立地条件も重視するものです。立地条件は仕事やプライベートにおける生活のしやすさに直結するため、部屋の状態よりも立地条件のみで部屋を決める人も多いのです。古く状態の悪いアパートでも、立地条件が非常に優れたアパートならば、投資物件として優れているといえます。

立地条件のよいアパートといえば、駅やバス停が近くにある物件が挙げられるでしょう。交通機関を簡単に利用できる物件ならば、仕事や買い物もスムーズに行なえます。また、周囲に自然が多い場所も立地条件のよい物件といえます。駅やバス停から離れていても、近くに川や公園がある土地ですと非常に静かなので、住環境のよさから部屋を借りてくれる人が多いのです。物件ごとに立地の利点というものはあります。投資物件を購入する際には、物件の立つ周囲の立地の良さを確認するとよいでしょう。

リノベーション物件の利点

マンションの模型

中古の投資用マンションを購入する場合、リノベーション済みのマンションを選ぶとよいでしょう。新築物件に比べて価値の下落が緩やかであり、見た目も非常に綺麗なので多くの人が借りてくれる人気の物件となります。

View Detail

設備や住民への対応をする

男性

マンションの管理は業務が多くあるため、対応に苦労するものです。特に家賃滞納などによる住民とのトラブルへの対処は難しく、悩むオーナーも多いでしょう。マンション管理会社に依頼することで、このような問題を全て対処してくれます。

View Detail